久居まつり - みんなでつくる この町の新しい風物詩 -

 

ACOUSTIC MUSIC

SPECIAL GUEST    TeN  feat  大前千鶴

TeN

声の持つエネルギーを体中から発信し、表現し続ける。
DJ Yoku率いるダンスミュージック・ハウスユニットA Hundred Birds(以下AHB)のヴォーカリストとして活躍。
インディーズ、メジャーから多数の作品をリリースしている。 AHBとして彼女をフューチャリングした代表作が、2000年N.Yのレーベルからリリースしたアンジェリーク・キジョーのカヴァー「Batonga」。同作品は欧米のダンスミュージックシーンにて各国のDJ達にヘビープレイされた。<主なAHB feat.TeNの作品>「In The Sky」「Sweet Lullaby」「Free」「Fellin’ Your Bright Light」「Because Way The Love is」、ディズニーのコンピレーションアルバム「House of Disney」/ When She Loved Meなど。
 そんなTeNがソロアーティストとして新境地を見せたのが2007年である。この年から全国で放送中の旭化成CMにおいて山口百恵の「さよならの向う側」をカバー。映像と彼女の歌声がシンクロしたCM作品は、現在もロングランで放映されるなどの好評を得ている。2008年、その反響に応える形でリリースされた待望のミニカバーアルバム6 feat. TeN「さよならの向う側」(Label:Excite Music)を発表。タイトル曲をはじめ、武満徹の「翼」や唱歌「星の界」など、近代から昭和にかけての日本の名曲を確かな表現力で歌い上げている。同年11月にはBillboard Live Fukuokaにて初のソロライブを行うとともに、2009年発売の「Image 8」(葉加瀬太郎監修/Sony Music )では「さよならの向こう側」が最後を飾る一曲として収録された。2009年、TeNとしての初のソロプロデュースアルバム「High Low」(Label:Village Again)をリリース。同作品はTower Recordsが発行しているBounce Opus of the year 2009年優秀作品としても選出された。そして2015年、約7年ぶりとなるオリジナルアルバム「2,134km」をリリース。
 近年ソロとして、成田空港、ヤンマー100周年のCMソング、ピアニスト清塚信也氏のフジテレビ「僕らの音楽」にフュチャーリングゲスト出演する他、岡野弘幹(天空オーケストラ)、井上薫(chari chari)等、様々なアーティストの作品、ライブに携わりギャラリー、現代アート芸術祭に参加するなど、精力的に音楽活動を行う。また、最近ナレーション活動もはじめ、CMなどで彼女の声が聞ける。

 

ぶった
伊勢出身・在住のほっこりヤーマン系のハイトーン ボイスシンガー!!
即興から弾き語りまでサクっとこなし県内各地のレ ゲエイベントに出演。

MILI(FU-TEN)
NAKED ARTS、FU-TENのフロントマンとして 日本のHIP-HOPシーンを牽引してきた
MILI(久居 出身)がDeepなHIP-HOPを繰り広げる。

河野 求 (Motomu Kawano)
アコースティック&エレクトリックギタリスト。三重県伊勢市に生まれ、15歳でギターを手にする。大阪、京都でのバンド活動を経て、95年に渡米し、サンフランシスコを拠点にカリフォルニアにて活動。また、並行してフォトグラファーとしても経験を積む。帰国後、自身のリーダーバンドを複数率いて、ベースボーカル、ギターボーカル、作詞、作曲を手掛ける。バンドの休止後、ソロでのエレクトロギターセット、アコースティックボーカルセットと並行して、様々なアーティストとのコラボレーションを展開、活動範囲を拡張しながら、現在に至る。Toconoma Recordings代表。

monk no sakebi!(モンクの叫び!)
monk no sakebi!(モンクの叫び!)は、仏教系ロックバンドです☆
お寺とか、お浄土とか、お布施とか、お念仏とか…そんな歌をうたっています。
今回は、ヴォーカル&ギターのアラモちゃん、ドラム&コーラスのモモコちゃん、二人でのアコースティック?バージョンでお楽しみください♪

YUKI&マナナ
火は人類が始めて手に入れたエネルギー。火を扱えるようになった人類は文明を生み出し、進化を遂げました。
しかし現代の日常で〝火〟そのもののエネルギーを感じることは少なくなりました。
YUKIの演じる火のパフォーマンスを通して〝火〟の神聖さとエネルギーの記憶を再体感し、観るものの魂の炎に共鳴させたい。
2007年オーストラリアにてファイヤーパフォーマンスを始める。
その後アジア、南米、ヨーロッパを旅し、国内外問わず様々な国や地域のアーティストと共に各国のフェスティバルやイベントに出演。
近年はファイヤーパフォーマンス以外にもジャグリングとインド舞踊やバリ舞踊など、様々なダンスを融合した新しいパフォーマンスを行っている。

 

 

GUEST DJ

kami☆shimo
dub.reggae.を中心とするselecter。自身でも津市にて今年10年になるイベント“dub carnival”を主宰。
Deepな選曲からParty likeなチューンまで幅広くMIX!!!

前山敏明
1997年にDJ活動を開始し現在は地元三重を中心に時々県外、クラブ、ライブハウス、カフェ、野外など様々な場所やパーティで割と自由にプレイしている。新しい音から古い音、生音から打ってる音までジャンルにとらわれる事なく独自の視点でバイナル中心にセレクト、グルーヴィーでハッピーな幅広いALLMIXスタイルで次々とミックス、カットイン、常にフロアを明るく楽しく激しくさせている。

 

会場デコレーション outdoor decorations

矢頭の子クルー
2011年からスタートした地元津市一志町の若者がつくる地域活性化を目的とした音楽祭「Yazunoko MUSIC FESTIVAL」主催。グリーンフェスティバルでも会場内の緩やかな丘を独特の感性で遊具も混じえたデコレーションをする。子供たちにも大人気で毎回行列ができるほど。